| |

2007年11月20日

耐用年数の改正

来年度の税制改正で、機械装置関係の耐用年数を40年ぶりに見直し、現在の390の区分から50区分に集約されるようで、税務計算の煩雑さをなくし、簡素化するのが目的のようです。

改正自体は前向きでとても良いことなのですが、減価償却に関しては、今年度も大きな改正があったばかり。減価償却ソフトのバ−ジョンアップのことなどを考えると、毎年の改正でなく、1回で済ませてもらえると非常に助かったのですが....(直之)

投稿者 satsuki : 2007年11月20日 9:36 | コメント (0)

コメントをどうぞ

*

Spam Protection by WP-SpamFree