| |

2007年3月30日

住宅のバリアフリー改修促進税制の創設

 すっかりご無沙汰しました。確定申告期間中はブログを書く余裕がなく、確定申告が終わってホッとしたら、風邪をひいてしまいました。花粉症と重なって、現在のコンディションは最悪の状態ですが、久しぶりにブログを書くことにします。

 19年度の税制改正では、「住宅のバリアフリー改修促進税制」が創設されます。高齢化社会で多くの人が自立した生活を送るためには、必要な税制といえるでしょう。
 その内容を簡単に説明すると、50歳以上などの一定の要件を満たす人が自宅にバリアフリー改修工事をしたら、その工事費用に充てるための借入金等の年末残高に応じて、5年間所得税からローン控除を受けることができるというもの。

 子育てが済むと、今度は自分の老後のことを考えなくてはならない。この制度は、収入があって所得税を納めている間に、自分の老後の準備をするようにということでしょうね。(由美子)

投稿者 satsuki : 2007年3月30日 18:07 | コメント (1)

“住宅のバリアフリー改修促進税制の創設” への1件のコメント

  1. 劇団四季にみる予算統制

    「新劇」とよばれる演劇の劇団の数は幾十、幾百とあるでしょう。 その中には戦前・戦…

コメントをどうぞ

*

Spam Protection by WP-SpamFree