| |

2009年12月10日

租税教室

先週、今週と2回にわたり、小学生、中学生を対象として租税教室の講師をしてきました。

社会の授業時間を利用しての、学校の授業の一環でなのですが、私の話を聞いてくれた子どもたちが
内容を分かってくれたかどうかは別として、私自身がとても勉強になりました。

いつも実務に追われているので、税金の大切さ、税金の使い道などをじっくり考えるいい機会でした。
 
租税教室の教材の最後に、「税金は国民が豊かに生活するための会費」です、と締めくくってありましたが、
本当に国民が豊かに暮らせるような、税制、税金の使い道などを、国がしっかり考えていってもらいたいものだと
つくづく思った出来事でした。(直之)

投稿者 satsuki : 2009年12月10日 16:58 | コメント (6)

“租税教室” への6件のコメント

  1. 私も小さいとき、こんな授業を受けたかったな。
    大人になってから生きてくると思うんですよ。教わったって記憶が。(内容を正しく理解できるかは別として。)

  2. 小中学生の頃から、お金や税金に関する授業を受けられるのは良いですね。
    今はわからなくても将来きっと役に立つときが来ると思うんです。これからも続けて欲しいです!!

  3. お金の大切さや、何の為に税金を払うのかなど勉強になると思います。未来の子供達の将来の為にも役に立つと思います!

  4. お金の大切さ、税金の事など小中学校の時から授業で
    勉強できるのは良いと思います。
    私の時代にもこんな授業があったらよかったな!と思います。

  5. ノンオイル より:

    大人も一緒に勉強したいテーマかも。
    会社員で働いていると、給与からひかれるので納めている意識がない税金。
    改めて意識すると見えてくるものもあるかもしれませんね。

  6. お金の大切さや税金のお話など、子供の頃から
    教えてもらったほうが意識しやすいですね。
    私も一緒に勉強したいです!

コメントをどうぞ

*

Spam Protection by WP-SpamFree