| |

2006年5月26日

耐震改修工事にかかる税額控除

 平成18年度の税制改正で、「既存住宅の耐震改修をした場合の所得税の税額控除」制度が創設されました。

・適用期間・・・平成18年4月1日から平成20年12月31日までの間。
・控除額・・・耐震改修工事費用の10%(20万円を限度)。
・対象物件・・・昭和56年5月31日以前に建築され、一定の計画(「地域住宅計画」)区域内にある住宅の耐震改修工事。
・適用手続・・・確定申告書の記載と地方公共団体が発行する証明書等の書類添付。

もし、耐震改修工事を行う時は、その工事が証明書の発行対象になるかどうかを、必ず事前に確認しましょう。問い合わせは、地方公共団体の建築部局又は住宅部局。(由美子)

投稿者 satsuki : 2006年5月26日 18:33 | コメント (2)

“耐震改修工事にかかる税額控除” への2件のコメント

  1. また大きな災害が襲う

    能登半島で大きな地震が起った!
    能登半島は歴史上の建築物、名所、名品、街並みと数多くある所だ!
    私にとっても思い出のある場所でもあり、友人の暮…

  2. 住宅展示場で地震に強いプレハブ住宅を:和風住宅は弱い:活断層:耐震構造:阪神大震災の教訓:ガラス一枚割れないパチンコ屋

    新潟中越地震で柏崎市の東電の原子力発電所が活断層の上に立っており、大きな被害を受け運転休止になりました。住宅を建てる際には、耐震構造の住宅を建てようと、住…

コメントをどうぞ

*

Spam Protection by WP-SpamFree